2020年01月25日

楽天から撤退

ワークマンも楽天市場から撤退するんだけど

強社ワークマンだから、できることだけど

弱者は、楽天の横暴をじっとこらえるしかないものね。

楽天は楽天市場だけでなく、楽天トラベルでも同じく弱いものいじめをやっている。

楽天トラベルは、まだニュースになっていないけど、

やはり、今までOKだったものを一方的に弱者側に負担をさせることを

今月から強制的に行い、従わないときは、サイトを遮断して止めてしまうと

通告している。

弊社などは、弱者ゆえに、泣く泣く従わざるを得ないけど、

楽天市場の怒っている加盟店同様、

相当な数の取引先は、恨み、怨念を貯めていると思う。

で、あるから、楽天は新たに携帯電話に参入してきたが、

成功を助ける人よりも、失敗を願う人が増えてきているのではないかと

思う。


ワークマンが楽天撤退、「送料無料」など受け


1/25(土) 7:25配信

TBS News i



 作業服の販売大手の「ワークマン」が、ネット通販サイトの「楽天市場」から撤退することが分かりました。楽天が出店者に事実上、送料の負担を強いる「送料無料」を打ち出したこともあり、自社サイトの利用を促します。

 ワークマンは、楽天市場に出店している販売サイトを2月末で閉鎖すると発表しました。3月からリニューアルする自社サイトでの販売強化が主な目的ですが、楽天が3月から、客が3980円以上の買い物をした場合、送料を無料にすると決めたことで、配送コストが増えることも撤退の要因だということです。

 楽天の送料無料について、出店者の一部が「一方的な負担の押しつけ」だと反発していて、今後、出店者の楽天離れが広がる可能性もありそうです。(25日01:29)


最終更新:1/25(土) 7:25

posted by 烏賊す社長 at 11:16| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
お役に立ちましたらクリックして下さい

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ

にほんブログ村 中小企業社長
ランキング参加中です!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。