2017年07月29日

石田伝説に鳥肌がたつ

福岡の高校野球の話しだけど

鳥肌たつよね。

なんの因縁かわからないけど

偶然じゃないような気がしてならない。

4度目、とも

甲子園に出るときのピッチャーは石田。

なにこれーー。

エースの名は… 東筑の「石田伝説」まさかの4度目


7/28(金) 21:01配信

朝日新聞デジタル

エースの名は… 東筑の「石田伝説」まさかの4度目


東筑の投手、石田旭昇君=小郡市、伊藤友博撮影


(28日、高校野球福岡大会 東筑3−1福岡大大濠)

 福岡大会決勝。一回、高めの直球を先頭打者に中堅に運ばれた。悪送球の間に本塁へ。東筑のエース、石田旭昇(あきのり)(2年)は苦笑いして捕手とグラブをつきあわせた。

【写真】前回出場時の石田投手・60回大会の石田投手・54回大会の石田投手……

 初めての大舞台。「スタンドの声援に圧倒された」。2死三塁、帽子をとって腕で汗をぬぐう。投げた球は打者の体に当たった。

 「楽しめよ」。そこで、三塁手の坂口慶太君(3年)が笑いかけてくれた。次の打者を三振に打ち取り、ピンチを切り抜けた。

 「君が石田君か」

 部の新入生歓迎会で卒業生に声をかけられた。東筑には、5回の夏の甲子園出場のうち、3回のエースの名字が石田だという「石田伝説」があると知った。

 同級生には球の速い投手がいた。自分に何ができるか考え、横手投げに変えた。だが、昨秋の県大会では登板できなかった。冬の間、打者を立たせて9回を投げ込み、食べる量も秋から倍にした。フォームが安定し球速は10キロ上がった。

 背番号1を背負った今大会。プレッシャーはあった。だが、「気負うことないぞ」「頼むぞ」。3年生が励ましてくれた。試合中も支えは3年生。ピンチのたびにマウンドに駆け寄って声をかける。守備を信じた打たせてとる投球で決勝にたどりついた。

 九回、打者を1人打ちとると、遊撃手で主将の安部滉平(3年)が駆け寄って、「気を抜くなよ」。2人目も打ち取り、あと1アウトの場面で、マウンドに集まった3年生1人ひとりが声をかけてきた。「いつもどおり」「楽しく」

 特別じゃない、27アウトのうちの1つ。いつも通りのフォームで直球を投げ、内野ゴロに打ちとった。「夢みたい」

 伝説については考えないようにしている。「少しでも、3年生と長い夏を過ごしたい」。

 そんな4代目の「エース石田」を、3代目の「石田」がスタンドから見つめた。石田泰隆さん(39)だ。21年前の第78回全国高校野球選手権大会でエースとして甲子園のマウンドに立った石田さんは、後輩らに向けて「1試合でも長く監督と野球をしてほしい」とエールを送った。(新屋絵理)
.
朝日新聞社
posted by 烏賊す社長 at 09:04| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
お役に立ちましたらクリックして下さい

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ

にほんブログ村 中小企業社長
ランキング参加中です!