2017年01月20日

アパの本問題

アパの会長の本、

間違ったことを書いていない。

歴史の事実を書いて知らせているだけだし。

その歴史の事実が嫌でその本を見たくないなら見なければいいだけの

話。

たかがホテルの経営方針に他国の人が経営方針を変えろというのは

越権行為だし、

日本国としては、そういう外国からの妨害を守る立場なんじゃないか。

中国の要請に乗ってか、要請されていないのに本を排除するのか

わからないけど、

組織委員会が経営方針を変えさせようとするのはおかしい。

中国国内にも日の丸のマットを踏み絵のように踏ませる店が

あるし、

日本人と犬お断りって書いてある店もある。

それもその店の方針だから、外国人はとやかく言わないものではないか。

歓迎する店に行けばいいだけなんだから。

ちなみにおいらのホテルは大歓迎で、政治は喧嘩してても底辺は仲良くすべき

日本のおもてなしで理解を深めてもらいたいって方針で

やってるよ。

ホテルそれぞれ方針でいいのであって、他人から変えろとか指示される筋のものではないよな。

実際、アパに中国人がいないなら、アパに泊まるって言ってる人も

いるしな。


アパホテルに配慮要請=南京事件否定の書籍―札幌アジア大会

時事通信 1/19(木) 23:46配信


 【北京時事】札幌市などで2月に開催される第8回冬季アジア大会の組織委員会が、旧日本軍による南京事件を否定した書籍を置いているとして、中国で批判が高まっているアパホテル側に対し「スポーツ理念にのっとった対応」を求めていることが19日、分かった。

 
 大会では札幌市内の同ホテルが各国選手らの宿舎に充てられる予定。組織委は問題となっている書籍を客室に置くのは適切でないと判断しているとみられる。

 冬季アジア大会は、2月19〜26日の日程で札幌市と帯広市で開催される。組織委によると、約30カ国・地域がエントリーしており、札幌市内のアパホテルが中韓を含め約2000人に上る選手団の宿舎となる。

 組織委の担当者はスポーツの理念について「異文化の理解や世界平和の促進」などを挙げ、宿舎では「リラックスできる環境を整える」と説明。2月中旬以降にホテルを借り上げた際に「問題があれば対応する」と述べた。

 書籍はアパグループの元谷外志雄代表の評論集で、中国が犠牲者30万人と主張する南京事件について「でっち上げであり、存在しなかったことは明らか」と指摘している。同グループはこれまで、客室から書籍を撤去する考えがないことを明らかにしている。 
posted by 烏賊す社長 at 12:35| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446125723
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
お役に立ちましたらクリックして下さい

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ

にほんブログ村 中小企業社長
ランキング参加中です!