2016年11月12日

上海営業

円高の影響で春から海外観光客ががたへりして

ホテルの業界も春以来、前年比10%減とか20%減とかで

悪影響、悪決算が多い。

そんなんで上海旅行博に行って

営業してきました。

3人で手分けして世界中から集まっている旅行会社にPR.

日本のよさを。

北海道のよさを

日本人のおもてなしをPRしてきた。

各地プリフェクチャーもブースを出していたけど

北海道はなかった。

青森はあった。数人がきていた。

手ごたえはあったのでテトラには来てくれると思うけど

日本にもっと来て欲しいし、

北海道に来て欲しいので

がんばったよ。

北海道の商品ではJRパスがあまり売れなくなって

ANAの北海道飛行機乗り放題切符が売れているようだ。

いつのまにか、こんなのつくって外人にだけ売っているんだよなー。

自国民にも安く売ればいいのにさ。

春秋の本社では函館ー上海を飛ばすように交渉

着陸料ただには興味をしめしてくれた。

なにせ函館空港は、来年1月からほぼ決まっていた

ソウルー函館をやる気がなかったのか、旭川に取られてしまったからさ、

民間人のおいらが上海で営業しているわけよ。

今は旭川空港のほうが営業熱心だもな、

インドネシアのガルーダに営業に行ったり、

いろいろ活動している。

財界活動はいいから、空港営業してほしいのよね。

中国便は次々廃止になるし、

今の函館空港の会社力?は?がつくよな。

減る一方だもの。

他の地方空港は増やしているからね。

そしてCトリップ本社に行ったけど

びっくり桃の木、どってんこいた。

いつのまにか超大企業になってる。

楽天以上の会社やん。

本社が大きすぎて迷う。

上海の購買力がここまで大きくしてしまうんじゃろか。

いい話はできたけど、

百聞は一見にしかず、やな。

上場企業、4年ぶり中間減益=円高響く、発表ピーク―時事通信集計

時事通信 11/11(金) 19:06配信

 上場企業の2016年9月中間の連結決算発表が11日、ピークを迎えた。時事通信社が同日集計したところ、売上高が前年同期比5.9%、経常利益は11.8%のそれぞれ減少となった。円高や国内消費の低迷が響き、4年ぶりに減益となる公算が大きい。

 東証1部上場で、11日までに開示を終え、前年同期と比較可能な1216社(金融を除く)を対象に集計した。9月中間発表企業の96%に当たる。米国会計基準と国際会計基準の採用企業は税引き前利益を代わりに使用した。

 9月中間の為替レートは1ドル=105円程度と、前年同期に比べて大幅な円高となり、自動車や電機など輸出企業の利益を圧迫した。トヨタ自動車の税引き前利益は29.8%もの減益となった。

 国内消費が振るわない中、前年同期に盛り上がった訪日外国人の「爆買い」も失速。三越伊勢丹ホールディングスの経常利益は前年同期の半分以下の水準に落ち込んだ。

 想定為替レートの見直しなどを理由に、17年3月期(通期)予想を下方修正した企業は295社に上り、上方修正の216社を大きく上回った。通期の経常利益も2.5%減と減益の見通しだ。 
posted by 烏賊す社長 at 16:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
お役に立ちましたらクリックして下さい

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ

にほんブログ村 中小企業社長
ランキング参加中です!