2016年11月01日

函館ーソウル

お隣の大統領、こまったものですねー

政治決断を友達に相談して決めていたって。

民間人はだめなんだから、秘書官にすればよかったのに

それにも任命できない人だったのでしょうねー。

日本やアメリカではあり得ないな。

その韓国の政治の問題はおいておいて

函館の海外便、

中国便が全部就航取りやめていまは台湾便だけなんだけど

1月から韓国LCC、営業成果でそう。

函館ーソウル。

函館工藤市長が、空港使用料をただにするって明言して上海で営業されたんで

K市会議員に確認したら、議会の承認を得なくてもできるってことだったし、

おいらも海外に行って、函館においでって、着陸料ゼロ円にするからって

営業してたんだよー。

決まりそう。

すでに1月以降のおいらのホテルの予約を入れているし、

あふれたお客は函館市内のほかのホテルにもいくし、

飯食うし、お土産買うし、タクシー乗るし。

政治と別に民間は仲良くやっていきましょう。

それがおいらたちホテルの仕事。

今月も上海に営業に行くので

また飛行機の営業もしてくるぜ。

函館、旭川、静岡、おいしい庄内空港の営業してくる。

東京に集中しないで地方に来るようにしかけしないとな。

おいらは観光大使にも任命されていないけど

一番海外からお客を連れてきているよな。

それで地域の役に立っているから、嬉しいんだけど。

韓国便はまだテレビも新聞も記事にしていないけど

1ヵ月後くらいにはでると思う。

政治の問題で吹っ飛ばないといいけどな。

朴大統領親友を拘束=国政介入疑惑、重大局面―証拠隠滅の恐れ・韓国

時事通信 11/1(火) 0:24配信


朴大統領親友を拘束=国政介入疑惑、重大局面―証拠隠滅の恐れ・韓国


31日、ソウルの検察庁舎に到着した崔順実氏。聯合ニュースなど韓国メディアによると、検察の特別捜査本部は同日深夜、崔氏を緊急逮捕し、身柄を拘束した。今後逮捕令状の発付を地裁に申請する。


 【ソウル時事】韓国の朴槿恵大統領の親友で、「陰の実力者」と呼ばれる民間人女性、崔順実氏(60)による国政介入疑惑で、聯合ニュースなど韓国メディアによると、検察の特別捜査本部は31日深夜(日本時間同)、崔氏を緊急逮捕し、身柄を拘束した。

朴大統領親友を拘束=国政介入疑惑、重大局面−証拠隠滅の恐れ・韓国

 今後逮捕令状の発付を地裁に申請する。

 検察当局者は韓国メディアに対し「崔氏はさまざま容疑の一部を否認し、証拠を隠滅する恐れがあり、既に国外に逃避した事実があるため、緊急逮捕することにした」と述べた。具体的な容疑は明らかになっていない。

 ドイツに滞在していた崔氏は30日、英国経由で急きょ帰国。31日午後に出頭し、検察の聴取を受けていた。公職に就いていない民間人の国政介入疑惑が噴出し、朴大統領が最大の危機にひんする中、中心人物の逮捕で捜査は重大局面を迎えた。

 崔氏に対する疑惑は多岐にわたる。大統領の演説草稿など機密文書を入手した上でアドバイスしていたとされ、事実なら大統領記録物管理法違反となる。

 大統領府高官らと頻繁に接触しては、大統領の親友という立場だけで人事、外交、文化振興策など政策決定に口を挟んでいた疑いが指摘される。大統領府や財界の後援でできた財団を財布代わりに使っていた疑惑もある。全てが事実なら大統領の背後で専横を極めていたことになる。

 崔氏は帰国前、韓国紙の取材に対し、演説草稿など内部文書を入手し、草稿に手を加えていたこともあったと一部を認めている。しかし「国家機密だとは知らなかった」と反論。その他の疑惑についても強く否定した。検察の聴取に対しても、否認を貫いているとみられる。

 一方、朴大統領は30日、安鍾範・政策調整首席秘書官らの辞表を受理。また、チョン・ホソン秘書官ら崔氏に近いとされる実務担当者3人も更迭した。安氏は崔氏主導で設立された財団の創設に関わったとみられ、チョン氏は大量の内部文書を崔氏らに提供した疑いがある。韓国メディアによれば、特別捜査本部は2人に対し出国禁止措置を取った。近く事情聴取に踏み切るとみられる。
posted by 烏賊す社長 at 10:53| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443299614
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
お役に立ちましたらクリックして下さい

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ

にほんブログ村 中小企業社長
ランキング参加中です!