2016年10月21日

地域ブランド調査2016、最も魅力的な都市は3年連続で函館市。 はげわりくんの功罪、がはは。

今年もブランド調査NO1都市は

函館ーーー

はるばるきたぜ函館ーがNO1街に選ばれた

ほかに札幌、富良野などもベスト10に入っている

地域ブランド調査2016、最も魅力的な都市は3年連続で函館市、小樽市や金沢市も浮上、新幹線・地震・サミットで明暗

トラベルボイス 10月21日(金)11時0分配信

地域ブランド調査2016、最も魅力的な都市は3年連続で函館市、小樽市や金沢市も浮上、新幹線・地震・サミットで明暗


発表:地域ブランド調査2016


ブランド総合研究所社が実施した「地域ブランド調査2016」で、市区町村の1位は3年連続で函館市になった。これは国内1000の市区町村と47都道府県を対象に、全国の消費者に対して実施したもの。

【画像】地域の魅力度ランキング(市区町村・都道府県別)

市区町村のトップ10を見ると、小樽市や金沢市が浮上。トップ10以外だが、北斗市も認知度が前年の23.0%から34.5%と大きく増加したほか、観光の意欲度も3ポイント上昇し18.0点、魅力度も2.3ポイント増の5.0点と大幅に上昇。新幹線の開業効果が地域の魅力につながっていることが伺える。

都道府県では北海道が8年連続1位となったが点数は低下。最下位は4年連続で茨城県となったが、点数は上昇し、改善している。

このほか、4月に発生した熊本地震に関連し、熊本県は魅力度の順位が低下したが、熊本市や阿蘇市、南阿蘇村は上昇。特に地域の情報接触度が急伸しており、南阿蘇村は前年の11.8点(446位)から40.4点(26位)と大幅に上昇した。

また、5月に開催された伊勢志摩サミットに関連し、三重県や伊勢市、志摩市、鳥羽市の4地域で情報接触度が上昇。観光意欲度では伊勢市が2006年の調査以来、初めてトップ10内に入った。ただし、三重県、志摩市、鳥羽市の3地域は魅力度で順位と点数が低下した。
.
トラベルボイス編集部

話はチェンジアデランスだけど

アデランスがMBOを実施して

上場企業でなくなる道を選んだのは

弊社のはげわりのせいだという説がある。

なななーーんとはげ割り人形ハゲ割君のおかげで

ハゲの人が自信をもつようになった。

はげてるから500円割引のはげ割をフロントで申告しているうちに

かつらなんてないほうが割引になるし、はげは世の中に役に立っているんだって

見直したらしい。

自分自身を。

それで、恥ずかしくかくしていた頭を堂々と出すようになったために

アデランスの業績が悪化したんだとか。

MBOすれば業績発表しなくてもいいからね。

がはは。
posted by 烏賊す社長 at 16:11| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443000561
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
お役に立ちましたらクリックして下さい

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ

にほんブログ村 中小企業社長
ランキング参加中です!