2016年06月03日

自衛隊の演習用小屋でマットにくるまり 保護の男児

地元函館だから

どこに行っても話題になっていたし

心配していたんだけど

無事で見つかってよかったーー。

自衛隊の演習用小屋でマットにくるまり 保護の男児

テレビ朝日系(ANN) 6月3日(金)11時46分配信
 田野岡大和君(7)が行方不明になったのは北海道七飯町の山林でした。そこから直線距離で約4キロ離れた陸上自衛隊駒ケ岳演習場内で保護されました。大和君は「山の中を歩いてきた」と話しています。

 (福田太郎アナウンサー報告)
 大和君は小屋の中で3日朝に見つかりました。この場所は大和君が行方不明になっていた現場から南西方向に直線距離で約10キロ離れているということですから、もし道なりに歩いてきたとすると、かなりの距離があったのではないでしょうか。大和君はこの間、何をしていたかというと、水を飲んで過ごしていたと話しています。小屋の中には食料などはなく、外に水道が1つあるだけです。小屋は日頃、鍵が掛かっていますが、大和君は1つの扉だけ鍵が開いていたと話しているということです。この場所は自衛隊員が演習の時などに50人ほど寝泊まりできる場所ということです。中央にはストーブもありますが、電源が入っておらず、使えない状況だということです。雨のため、ミーティングをしようと入ってきた自衛隊員が立っていた大和君を発見しました。その時の姿は行方不明になった時と同じだったということです。大和君がどのように暖を取っていたのかというと、寝泊まりするためのマットレスがあり、2枚のマットレスの間に挟まるようにして寝泊まりしていました。自衛隊員がおにぎりを渡すと食べたということです。.
最終更新:6月3日(金)13時11分
posted by 烏賊す社長 at 17:06| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
お役に立ちましたらクリックして下さい

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ

にほんブログ村 中小企業社長
ランキング参加中です!