2016年05月24日

横浜鶴見保健所続き話、民泊禁止の流れ、イチゴホールディングスの株主総会で質問要請

なんとまー、びっくり

鶴見保健所、担当I様

3月25日に申請して、いじわるをされたあげくに

上にもうあげたから、いつ降りるか知らないって

言っていたのに

なななーーんと今日になって、

定款を出せって。

なにーこれー、最初から提出しろって指示してなきゃだめな書類でしょうー。

しんじられなーい。

どこまで市民を馬鹿にしているのだろう。

2ヶ月待たせても謝罪もないし、平気のへー、だし。

役人様だな。

結局、薬局、郵便局、まだまだ意地悪は続きそうだ。

市民は役人のいじめに耐えるしかないのだね。

話はミンパクのことだけど

正常な考えを持った自治体もあるのだね。

住居地域の民泊禁止を自治体としては正常な判断ですね。

罰則も明確に決めたほうがいいですね。

中国人と一部外国人となんか正体がわからない人たちが

周りの迷惑を顧みずに荒稼ぎしているのが現状。

ここは日本ですから、秩序、平和を大事にしないと。

民泊、自治体条例での禁止も可能に 厚労省と観光庁の有識者会議報告に明記へ

産経新聞 5月23日(月)17時9分配信

 一般住宅に有償で客を泊める「民泊」の規制緩和をめぐり、厚生労働省と観光庁の有識者会議は23日、市町村条例などで民泊営業を禁止できることを、6月中にまとめる報告書に明記する方向で一致した。

 政府の規制改革会議は、ホテルや旅館が認められていない住居専用地域でも民泊を営めるようにする新法の制定を提言したが、地域の事情に応じた規制も可能だと明確化する。長野県軽井沢町と東京都台東区が事実上禁止するなど、すでに自治体独自の動きも始まっていた。

いちごホールディングスの株主総会に出席して質問することにした。

10分時間をくださいってメールしたけど、今日になってもいまだ返事がこない。

IRやコンプラを守る内容をホームページには書いているけど

やっていることは違う。

返事すらよこさない。

全く売れなかったホテルをリートという手段をつかって、

高く売りつけて投資家にかかえさせている疑いがあるので

質問ではっきりさせたい、と思っている。

暗部が明るみにでるかも。
posted by 烏賊す社長 at 10:28| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438211660
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
お役に立ちましたらクリックして下さい

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ

にほんブログ村 中小企業社長
ランキング参加中です!