2016年02月20日

沙羅 2季ぶり3度目の個人総合優勝、今季12勝目で決めた ホテルテトラの新聞記事

層雲峡マウントビューで沙羅ちゃんの実家と取引があって

たくさん購入させてもらっているけど

すごいですねー。

ワールドチャンピオン。

しかも早々と決定させちゃって。

本人の努力と才能なんだけどね。

一度でも優勝したらすごいのに、

何度も、だもねー。

沙羅 2季ぶり3度目の個人総合優勝、今季12勝目で決めた

スポニチアネックス 2月19日(金)17時21分配信

沙羅 2季ぶり3度目の個人総合優勝、今季12勝目で決めた


今季12勝目を挙げ、2季ぶり3度目の個人総合優勝を決めた高梨(AP)


 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は19日、フィンランドのラハティで個人第15戦(HS100メートル、K点90メートル)が行われ、ここまで14戦11勝の高梨沙羅(19=クラレ)が96・5メートル、99・5メートルを飛び優勝、2季ぶり3度目の個人総合優勝を決めた。

【写真】高梨の圧倒的なジャンプ

 高梨は1本目で96・5メートルを飛んで首位に立つと2回目も99・5メートルを飛び、251・3点で圧勝、7日の第12戦以来3戦ぶりの今季12勝目を挙げた。

 この優勝により、総合2位のダニエラ・イラシュコ(オーストリア)が残り4戦すべて優勝、高梨がポイントを得られなくても及ばないため総合優勝が決まった。

 高梨は今季初戦で優勝して幸先良いスタートを切ると、第2戦は2位、第3戦から自己新記録となる10連勝という圧倒的な強さでポイントを積み重ねて個人総合争いをリードした。第14戦で1年ぶりに表彰台を逃したものの、この日の第15戦で勝利を挙げ個人総合3度目の頂点に立った。

 伊藤有希(土屋ホーム)が3位に入り、今季2度目の表彰台に立った。岩渕香里(松本大)がW杯自己最高の6位となり、勢藤優花(北海道メディカルスポーツ専門学校)は20位だった。

 ▼高梨沙羅の話 夏場から練習重ねてきて、このラハティで総合優勝を獲れてうれしい。残り4戦も大事な試合が続くので一戦一戦集中していきたい。

 ◆高梨 沙羅(たかなし・さら)1996年(平8)10月8日、北海道生まれの19歳。2012年3月に15歳でW杯初優勝。12〜13年シーズンにスキーW杯史上最年少で個人総合優勝を果たし、13〜14年シーズンも18戦15勝で2連覇を達成した。昨季は2位。W杯通算42勝。13年世界選手権では非五輪種目の混合団体で金、個人で銀メダルを獲得。ソチ冬季五輪4位。日体大在学、クラレ。1メートル52、44キロ。

話はチェンジ函館だけど

先週は北海道新聞の二面に取り上げてもらって我が社の記事がでたけど

今日は函館新聞の一面にカラー写真入りで取り上げてもらった。

新幹線開業間近になって、

いよいよだけど

観光業界、ホテルで新築や増設するのが我が社だけなんだ。

意外ですよね。
posted by 烏賊す社長 at 10:01| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434039589
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
お役に立ちましたらクリックして下さい

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ

にほんブログ村 中小企業社長
ランキング参加中です!