2016年01月07日

もし、北朝鮮が水爆を岩内に落としたら。

北朝鮮が水素爆弾を

すぐに近くの対岸にある岩内の原発に

どどんと落としたら、あるいはミサイルで砲撃したら

札幌や北海道のほとんどは一発で廃墟になる。

また、もっと精度を高く確実になら

潜水艦に搭載して、国際海峡である津軽海峡から

函館の真向かいの大間の原発にどどーんと命中させたら

これは近いから100%に近い確立で命中するだろうけど

そしたら、函館は壊滅、東北も半分は壊滅する。

まずいよ、おちおち寝てられない。

原爆の100倍の威力だから、水素爆弾は。

また、アメリカはこの水素爆弾の北朝鮮での完成を知ってて

しかも近く実験が行われることを知ってて、

実験後に北朝鮮を滅ぼすために

日本と韓国の手打ちを早めて12月の年末にさせたのかもしれない。

もっとも脅威は韓国だし、つぎは日本が射程距離内。

しかし、

北朝鮮のバックは中国と、ロシア。

国連安保理で中国、ロシアが拒否権を発動しなければ、

北朝鮮を制裁、その後滅亡に簡単にもっていくだろうけど、

拒否権が発動されたら、どろどろ、やっかいが続く。

北朝鮮の金正日はそこらへんまで読み通しなんだろなー。

水素爆弾を輸出して油買う、食料買うって算段もあるよなー。

輸出禁止なんて制裁されても平気ってことだなー。

<北朝鮮「水爆実験」>日米で制裁議論主導 首脳が電話協議

毎日新聞 1月7日(木)11時17分配信


<北朝鮮「水爆実験」>日米で制裁議論主導 首脳が電話協議


北朝鮮の核実験を受け、報道陣の取材に応じる安倍首相=首相官邸で2016年1月6日午後0時50分、喜屋武真之介撮影


 安倍晋三首相は7日午前、北朝鮮の核実験実施を受けて米国のオバマ大統領と電話で約20分間協議した。韓国を含む関係国と連携し、国連の安全保障理事会で北朝鮮への新たな制裁に向けた議論を日米が主導していくことを確認した。

【一般的な水爆の仕組み】

 首相は「地域と国際社会の平和と安全を損なう安全保障上の重大な脅威だ」と北朝鮮を強く非難。「国際社会が断固とした対応をとることが、さらなる挑発行為を防ぐために重要だ。日米韓はじめ関係国が緊密に連携し、迅速に対応したい」と伝えた。オバマ大統領も賛同し、「日本や同盟国の安全を守るあらゆる措置をとる」と応じた。オバマ大統領はまた、安保理での議論への協力を要請し、北朝鮮に対する新たな制裁について一日も早く協議することでも合意した。

 また、首相は昨年12月に日韓両政府が慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的」な解決で合意したことを巡り「米側の理解と協力に感謝する」と伝えた。オバマ大統領は「合意により日米韓の協力が平和と安定に大きく貢献し、国連でもさらなる力を発揮できる」と関係改善を歓迎した。

 オバマ米大統領は6日、韓国の朴槿恵(パククネ)大統領とも電話協議し、北朝鮮の核実験に対して国際社会が一体となった対応に向けて連携することで一致した。ホワイトハウスが発表した。

 これに関連し、安倍首相は7日午前の参院本会議での各党代表質問で、日米電話協議に関し「国連安保理の対応を含め、日米が国際社会を主導していくことで一致し、米国があらゆる手段を用いて日本を防衛する確固たるコミットメントを再確認した」と強調。今後について「国際社会が一致して対応するよう努め、我が国独自の措置の検討を含め、毅然(きぜん)かつ断固たる対応を行う」と述べ、独自の制裁措置を強化する考えを示した。

 萩生田光一官房副長官は7日午前の記者会見で、北朝鮮が「水爆実験」と発表したことに関して「事実確認に努めており、現時点で水爆実験とは認定していない」と述べた。国内の放射線量に変化がないことも明らかにした。

 岸田文雄外相も7日午前、ケリー米国務長官と電話協議した。岸田氏が「核不拡散体制に対する挑戦だ」と指摘したのに対し、ケリー氏は「北朝鮮は自らの行動のコストを支払う必要がある」と述べ、北朝鮮に対する制裁強化の必要性を示唆した。【細川貴代、ワシントン和田浩明】
posted by 烏賊す社長 at 13:15| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432233085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
お役に立ちましたらクリックして下さい

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ

にほんブログ村 中小企業社長
ランキング参加中です!