2015年11月14日

「ヤミ民泊やめるべき」 国内同業者、Airbnb非難。金沢マラソン棄権。

ルールも法律もない

宿泊業者が乱立してきて、

日本のおもてなしや安全性、おいしさや清潔さと全く縁がない、

ただただ金が儲かればいいという

ネット業者、宿泊業者もどきが跋扈してきて

このままじゃまずいでしょ、って

おいらでも思うのに

宿が足りないかっらって理由だけで

暗黙の了解みたいに進んでいる。

宿は足りなくないです。余っています。

そりゃー、イベントがあるときや

人々が集中し、国際空港が近い、東京、大阪は稼動が高いですけど

それ以外は、余ってますよ。

あおりニュースに踊らされないようにしてください。

「ヤミ民泊やめるべき」 国内同業者、Airbnb非難

朝日新聞デジタル 11月13日(金)23時54分

 マンションの空き部屋などに客を泊める「民泊」について、規制のあり方を有識者で話し合う内閣官房IT総合戦略室の会合が13日、開かれた。仲介業者も呼ばれ、米Airbnb(エアビーアンドビー)の幹部はルールづくりを急ぐよう求めた。日本の同業者は現状を「ヤミ民泊」と非難する一幕もあった。

 Airbnbは日本で1万8千物件を紹介しているが、多くは旅館業法で必要な営業許可のないまま人を泊めている。同社アジア太平洋公共政策局長のマイク・オーギル氏は「現地ルールに従っているか利用時に確認しているが、(合法性を)すべて我々が確認するのは難しい」と語った。日本政府がわかりやすい法律をつくれば、利用者がルールに従いやすくなるとの考えも示した。

 一方、仲介サイト「とまりーな」を運営する百戦錬磨(仙台市)の上山康博社長は「我々もAirbnbのようにやりたいが、法律が禁じている。『ヤミ民泊』はやめるべきだ」と訴えた。とまりーなは、農家などに泊まる「体験民宿」やイベント時の短期宿泊など、国や自治体が認める民泊だけを扱う。上山氏は仲介業者も「一定の責任を負うべきだ」と語り、安心して利用できるルールづくりを求めた。
.
朝日新聞社

さて、おいらは

今日の出張予定も取りやめて、明日の金沢マラソンも取りやめて

仕事しております。

飛行機代、宿泊代、JR代、マラソンエントリー代などなど

飛んでいった。

何より第1回金沢当選したラッキーを逃して棄権するのが

残念無念。
posted by 烏賊す社長 at 11:20| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429575392
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
お役に立ちましたらクリックして下さい

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ

にほんブログ村 中小企業社長
ランキング参加中です!