2011年09月28日

上海地下鉄事故

おいらも上海に行ったら、

乗っていた地下鉄。

画面が中国語バージョンと英語バージョンに切り替わるんだけど、

日本語バージョンがないんだよねー。

けっこういつも乗客が乗っているのに、

その地下鉄が追突事故って、おっそろしい。

地下鉄の穴の中で追突されたって、まっすぐいくしかないしなー。

両側はトンネルの壁だし。

おっそろしいーー。

中国の鉄道技術は、こらーおっソロしいよ。

ばってん、地下鉄が安しなー。

こまったもんだ。

そのてん、日本の新幹線は事故がないねー。

地下鉄も東京のもぐらたたきみたいにあんだけ、右往左往走っているのに

事故がないねー。

さっすが日本じゃ。

上海地下鉄事故、ネット上で怒り噴出「冗談じゃない」

ロイター 9月28日(水)11時29分配信

 [上海 27日 ロイター] 270人以上が負傷した中国上海市の地下鉄追突事故。浙江省温州市で7月に高速鉄道事故が発生したばかりであるだけに、中国版ツイッター「新浪微博」では事故直後から当局への怒りの声が噴出している。

【写真】上海の地下鉄で衝突事故

 同サイトには「また事故か、冗談じゃない。大金をつぎ込んで建設したのに、すべてがらくただ」などと書き込まれた。

 また、「当局は調査チームを発足したようだ。この不思議な部署は何だろうか」などとの投稿もあり、調査チームによる原因究明作業が行われても、実態の多くが公表されるかは疑問だとの声が上がった。

 今回の事故をめぐっては、信号系統のトラブルが引き金になったとみられているが、新華社は、事故があった地下鉄と高速鉄道の信号系統は同じ会社が提供していたと報じた。同社は、中国鉄路通信信号集団とフランスの重電大手アルストム<ALSO.PA>の合弁会社のカスコ信号。

 アルストムの広報は、「上海の地下鉄とコンタクトをとり、情報提供と技術診断を行うなどして、事故原因の究明に連携して取り組んでいる」とコメントした。

 一方、地下鉄運営会社の幹部は記者団に対し、「事故原因をはっきりさせる必要がある。設備会社(カスコ)は保証していたが、信号系統の不具合は依然として存在する」と述べ、原因究明に全力を挙げる姿勢を示した。
posted by 烏賊す社長 at 14:01| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/227919054
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
お役に立ちましたらクリックして下さい

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ

にほんブログ村 中小企業社長
ランキング参加中です!