2019年11月14日

税金なしで桜を見ればよいのになー

内閣府が毎年やってた

桜を見る会

来年はやらないそうだ。

桜見るなんて、誰でも見るんだから、どうでもよいと思ったけど

そうではないらしい。

過去を国会で追及するそうだ。

去年の桜を見る会で、5000万の税金を使ったそうな。

それを国会で追及するのだが、国会を運営するのに1日3億円かかるそうだ。

5000万の税金を追求するのに、1日3億円づつかけていくそうな。

おいらは、中小企業経営者だが、この金銭感覚、理解できないなー。

がはは。

「総理事務所が飛行機など手配」「功労者だけと言われていない」 「桜を見る会」山口県内、複数の参加者が証言


11/14(木) 10:06配信

中国新聞デジタル



 首相主催の「桜を見る会」に安倍晋三首相(山口4区)の地元事務所から案内を受けた山口県内の複数の参加者が、中国新聞の取材に応じた。安倍首相は「私は招待者の取りまとめなどに関与していない」と説明するが、参加者の一人は「安倍総理の事務所が飛行機やホテルの手配をしてくれた」と証言した。


 野党は、安倍首相が桜を見る会を私物化して地元支援者を数百人規模で招き、後援会活動に利用していた可能性があると問題視している。安倍首相は8日の参院予算委員会で「功労、功績があった人を招待している」と答弁していた。

 だが、昨年まで安倍氏の事務所の案内で参加していたという下関市の元後援会員の男性は「安倍さんの事務所から功労者だけと言われたことはない。後援会の紹介があれば参加できるはずだ」と打ち明ける。安倍氏の事務所が往復の飛行機や宿泊ホテルの手配をしてくれたという。

 別の下関市の後援会員男性も「後援会の慰安旅行みたいなもの」と話した。毎年参加している山口県内の男性は「後援会員ではないのに、安倍さんの事務所から声がかかった」と語った。

 また、安倍氏の事務所が2018年に参加者に発送したとみられる、桜を見る会を組み込んだ観光ツアーの案内状を野党系無所属の柚木道義氏(比例中国)が入手した。「平成30年2月」「桜を見る会について(ご連絡)」と記され、「都内観光ツアー」は4コースに分かれて実施すると説明されている。

 この年の桜を見る会は4月21日にあった。案内状は前日に「あべ晋三後援会」の主催で「夕食会」を1人5千円の参加費で開くと記載。当日については「総理夫妻との写真撮影は、バス号車ごとに行います」などとしている。

 菅義偉官房長官は13日、来春の桜を見る会の中止を発表した。柚木氏は同日の衆院厚生労働委員会で「安倍氏は関与していないと明言したが、完全に関与しているのではないか」と迫った。内閣府の大塚幸寛官房長は「後援会活動の位置付けなどの所管ではないので、お答えする知見がない」と回答を避けた。(和多正憲、河野揚)
.
中国新聞社
posted by 烏賊す社長 at 14:13| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
お役に立ちましたらクリックして下さい

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ

にほんブログ村 中小企業社長
ランキング参加中です!