2018年10月30日

志を貫く病院

おいらがときどきお世話になる整形外科病院があるのだけども

先生とサウナにはいって語り合ったことがある。

その病院は、土曜も日曜も診察していて

水曜しか休まない貴重な病院なんだ。

おいらも足が痛くてどうもならないときに

明日マラソン大会だから、走れるようにしてよ、なんて

わがまなな患者なんだけど

注射で走れるようにしてくれちゃうんだな、また、これが。

それで

先生、当番医なら日曜診療割り増しで一杯お金もらえるのに

なんで最初から土日、診療って看板あげてやってるのさ、それだったら

普通診療で割り増しもらえないっしょ、って聞いた。

そしたら、

俺が子供のころ父親がゴールデンウイークに倒れて、ろくな診療もできずに

死んでしまったのよ。それで俺は医者になったら、土日でも診察してそんな人を

救いたいと思ったんだって。金儲けにならんけど、人助けになるからって。

なかなか、こんな志の高いお医者さんいないぞ。

って、まーサウナでそんな話をしたんだよね。

函館の整形外科。

日曜日やっているところ、ないからすぐにわかってしまうかも。
posted by 烏賊す社長 at 16:54| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

熱海の温泉

https://diamond.jp/articles/-/183474

上記の記事のように

熱海がえらい熱くなっていてホテルも好調なんだ。

新幹線の駅があって、

東京から1時間以内で来れるから。

で、おいらの会社でも熱海駅から5分の広い一等地に

ぼこぼこ湧き出る50度以上の温泉まで持っている。

熱海では湯量といい、音頭といい、最高の温泉なんだけど

これだけで億の価値があるかも。

自社開発する予定だったけど、

ほかに忙しいから、欲しい会社があったら

売ってしまってもいいかなって思った。

利用してこそ、価値があるので更地のままで温泉も使わないと

地域のためにならない。

そう思う今日この頃。
posted by 烏賊す社長 at 14:11| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

あきれる北九州市議会議員

毎年毎年、何度も行って

飲んで食って、ショッピングして楽しそうなこと。

視察はちょっぴりだったそうな。

自分の金と時間で行けばいいのに。

市会議員が海外視察って意味わからないよなー。




“あきれた”海外視察 廃止へ 北九州市議会


10/12(金) 19:54配信

Fuji News Network






フジテレビ

[ 前の映像 | 次の映像 ]

政治家の海外視察を追及した、フジテレビの「実録! 金の事件簿」の放送を受けて、北九州市議会は、海外視察を廃止する見通し。

自民党、公明党、ハートフル北九州に所属する、北九州市議8人は、2018年6月から7月にかけて、視察として、スペイン、フィンランドを7泊8日で訪問した。

その期間のうち、番組が確認した視察時間は、わずか9時間。
スペインでは、多くの市議が視察の合間にビールやワインを飲んだり、買い物をする様子が確認された。

この実態が、10月5日にフジテレビの番組で放送されると、市民から500件以上の苦情が寄せられたという。

北九州市議会は、これまで2年に一度行っていた海外視察を廃止する見通し。

また、所属する3つの会派は、「市民の批判を真摯(しんし)に受け止め、深く反省し、おわびする」といった見解を表明。
そして、市議会の井上議長は、来週早々に各会派の代表者会議に視察の見直しを提案すると述べた。
posted by 烏賊す社長 at 10:44| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

コープ、北海道電力に賠償請求へ 

北海道民はみんな北電のせいで大被害になったって思っているんだよねー。

苫小牧の奥で地震があって、地震の揺れで被害がない、函館や旭川や稚内や網走や

遠いところまで停電しなきゃならんのよ?

って思ってる。

北電は、いっさいを地震のせいにしているけど、

違うのではないのって。

それでなくても日本一高い電気代とっているのだから

こんなことが、ブラックアウトなんて、困るよ。って。

電気料金を下げる前に、っていうか、2段上げして、それで

自分らのボーナスは支給しちゃっているから。

道民感情も悪いな。

庶民の生協、よく裁判おこしたって拍手している人たちいるよ。


コープ、北海道電力に賠償請求へ 停電で食品廃棄 9億6000万円損害


10/7(日) 13:36配信

北海道新聞




コープ、北海道電力に賠償請求へ 停電で食品廃棄 9億6000万円損害


地震後、1週間以上食品の品薄が続いたコープさっぽろの店舗=9月13日


「電源集中でリスク高く」

 コープさっぽろ(札幌、組合員数170万人)は6日、札幌市内で理事会を開き、胆振東部地震による大規模停電(ブラックアウト)で発生した損害の賠償を北海道電力に請求する方針を固めた。食品廃棄による損害は9億6千万円に達しており、取引先の企業、団体と連携し、近く北電に賠償請求の書面を送る。道内の流通大手がブラックアウトによる損害賠償請求に動くのは初めてとみられる。

【動画】胆振東部地震から1カ月 余震なお

 コープは全道に展開する108店舗や物流センター、加工工場で、地震後に停電し、冷蔵・冷凍庫が使用できなくなった。損害は店舗分だけで約9億円に上るという。

 北海道新聞の取材に対し、大見英明理事長は「今回の停電は人災ともいえるものだ。その分は、電力会社に責任がある」として、北電への賠償請求が必要だと判断した。地震により損傷した苫東厚真火力発電所(胆振管内厚真町)への電源の偏りを念頭に、「大規模電力を一極集中させたことで事故リスクが高まった」と主張。損害賠償の請求を通じて、電源の分散化を求めるなど電力供給のあり方についても、問題提起したい考えだ。
.

北電経営陣の責任問題にも

 コープ以外でも、停電で深刻な打撃を受けた企業や団体の中には、北電の責任を追及する動きがある。一部の農協では、生乳廃棄などの被害に対し賠償を求める声が上がっているほか、道内に工場を持つ食品関連メーカーも損害額の算定を急いでいる。

 ブラックアウトについては、技術的経緯の検証が進んでいるが、コープさっぽろが損害賠償の請求に動くことで、北電の経営陣の責任問題も浮上しそうだ。
.
北海道新聞
posted by 烏賊す社長 at 07:27| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

貴ノ岩が元横綱日馬富士を民事提訴 2413万5256円請求 について

テレビやスポーツ新聞の論調は

たかのいわが法外な請求をふっかけている。

けしからん、

裏で糸を引いているのが貴乃花だから、余計にけしからんって

反貴乃花、親はるま富士の書きかただけど、

ちょっと待った。

冷静に考えてください。

はるま富士が示談しようって払うって言った金額がたった30万。

仮にもプロ格闘家、カラオケリモコンで殴られて14針も縫って、仕事ができなくなって6ヶ月。

その間、番付っていう給料ランキングも落ちて、

稼げなかったのだから、30万はサラリーマンの6ヶ月より安い。

プロスポーツ選手にこんな安い示談金の提示なら、だれでも怒るのではないかなー。

それなら裁判ではっきりさせようやって、さ。

ま、モンゴルの物価だったら、30万でもいいのかもしれないけど、

ここは日本だから。

それとさ、

加害者でくびになった人が盛大な引退式やって、ちょんまげ切って、いっぱい稼いでさ、

被害者のほうがお家取り潰しで、部屋がなくなるって、これ反対でしょ。

あるべき結果が、さ。

貴ノ岩が元横綱日馬富士を民事提訴 2413万5256円請求


10/4(木) 10:07配信

デイリースポーツ







貴ノ岩が元横綱日馬富士を民事提訴 2413万5256円請求


元横綱日馬富士(左)と貴ノ岩


 大相撲の幕内・貴ノ岩(28)が4日、秋巡業中だった昨年10月に横綱日馬富士(34、番付は当時、すでに引退)から暴行を受け負傷した傷害事件について、同氏に対して損害賠償を請求する民事訴訟を東京地裁に起こした。東京・霞が関の司法記者クラブで代理人弁護士が記者会見を開き事情を説明した。この訴訟の請求金額は2413万5256円としている。

【写真】引退相撲で白鵬と鶴竜を露払いに従えた日馬富士

 代理人弁護士によると、貴ノ岩とすでに引退している元横綱日馬富士の間で示談が成立せず、東京簡易裁判所に8月に申し立てた民事調停が不調に終わったことを受け「もはや話し合いによる紛争解決ができない」と判断。東京地方裁判所に損害賠償請求の訴えを提起したと報告した。

 請求金額の内訳は以下の通り。

【積極損害】入院治療費用等 435万9302円

【逸失利益】

(1)給与差額 148万1840円

(2)懸賞金の逸失 900万円

(3)巡業手当の逸失 38万円

(4)退職時の幕内養老金等の減 172万円

(逸失利益の合計は1258万1840円)

【慰謝料】 500万円

【弁護士費用】 219万4114円

 入院治療費等(積極損害)の実費部分を除き、請求金額の根拠となっているのが「逸失利益」。これは、貴ノ岩が事件がなく、力士としての職業を幕内で全うしていたらいくら稼いでいたか、という視点から算出された。懸賞金については幕内に在籍し続けたとして、幕内在籍時の平均懸賞本数を1場所60本から70本と試算。勝率49%、1本6万円として1場所懸賞30本を、休場2場所と懸賞が出ない十両に落ちていた3場所を合計し、5場所分として概算したという。

 会見で対応した佐藤歳二弁護士は「サラリーマンのけがでも同じだと思います。収入に影響があるようなけがをさせられたら逸失利益は当然のことだと思います」と主張した。

 なお、貴ノ岩や、師匠だった元貴乃花親方の花田光司氏からの談話については「訴えの内容については、もちろん(貴ノ岩)本人に了解を得ていますけど、一切、コメント等はいただいておりません」とした。
posted by 烏賊す社長 at 18:35| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

道と上川町の復興支援


地震の被害というより、停電による心配、不安キャンセル被害なんだけど

ホテルのキャンセルも甚大で

北海道のホテル、9月は例年夏の最後で稼ぎ時なんだけど、ほぼみんな赤字転落した。

そうしたなかでさっそく北海道が緊急予算つけて、さすがはるみ知事、やることが早い。

10月1日に北海道復興割クーポンを売り出したけど、なななーーんとたった一日で完売。

追加予算を期待だなー。

国の復興割りも発表されているけど、

さすが国、時間がかかってまだ実行されていない。

みんな知らないけど、上川町がなななーーんと町で復興予算をつけてくれて補助して

くれるのさ。

ガソリン1500円分を上川町のホテルに泊まった人に補助。

弊社マウントビューホテルにも、なななーーんと200枚も補助チケットが来るので

この機会に、弊社ホームページか電話でマウントビューに予約して温泉と紅葉とおいしい食事を楽しんで

ください。

先着200組ですよ。

市町村で復興予算つけて支援してくれているのは上川町役場だけだな、いまのところ。

観光都市と自称している函館市はまったく話しないし、

固定資産税をかけるのに、現場を見にもこない音更町もない。

上富良野町もない。

旭川市もない。

札幌市もない。

市町村によって、危機感や対応が違うな。

北海道地震>被害3675億円 停電分は1318億円


10/4(木) 7:30配信

毎日新聞




<北海道地震>被害3675億円 停電分は1318億円


地震による停電で暗いすすきの交差点=札幌市中央区で2018年9月6日午後6時半、貝塚太一撮影


 北海道胆振(いぶり)地方を震源とする最大震度7の地震による道内の被害額が3675億5100万円に上ることが3日、道のまとめで明らかになった。このうち停電で操業できなくなったことによる製造、卸売り、小売りなど商工業の被害影響額は1318億円だった。

 工場の設備損壊など商工業の直接被害は120億円、停電で廃棄した在庫などの被害が136億円。観光では9月末までに宿泊施設のキャンセルが114万9000人に上り、交通費や飲食などを含めた観光影響額は356億円に増えた。

 これまでに農林水産業や公共土木施設などの被害が判明している。【日下部元美】
posted by 烏賊す社長 at 10:24| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

するつもりだった

みなさんも経験あるのではないでしょうか。

こどもや社内で

するつもりだった。

考えていた。

話をするつもりだった。

そのたびに、するつもりだったなら、やれよ。

考えていたなら実行しろよ。

話をするつもりだったのなら、今すぐ話ししてこいよ。

全くやらない人、全くやる気のない人のあとからの逃げ言葉です。

たまに学級にいました。

たまに社内にもいました。

なんか思い出すねー。

できる人は、この言葉は使わなかったなー。


【記者の目】後付けの“自己弁護”に聞こえる八角理事長の言葉


10/2(火) 11:56配信

スポニチアネックス




【記者の目】後付けの“自己弁護”に聞こえる八角理事長の言葉


貴乃花親方退職の件にふれ口元を引き締める八角理事長(撮影・村上 大輔)


 全てが後の祭りだった。八角理事長は、貴乃花親方に話し合いを求めたが、断られたと主張した。一門への所属問題も決まらなくても、待つつもりだったという。その上で、全ての一門が引き受けることを協議しようと考えていたと述べた。

【写真】あの頃は良かった…1981年、憲子夫人、次男光司君(後の貴乃花)、長男勝君(同若乃花)に見つめられる元大関貴ノ花

 いずれも後付けの“自己弁護”のように聞こえる。実際、二所ノ関一門の一部は強硬に受け入れを反対。ある一門の中には「それなら自分が出て行く」と息巻いた親方すらいたと聞く。八角理事長は貴乃花親方の弁護士に「全ての一門が門戸を開いている」と話したそうだが、内実はどうだったのか。

 それに、一門が決まらなくても待つつもりだったのであれば、なぜもっと早く貴乃花親方に伝えなかったのか。貴乃花親方は内閣府への告発状を取り下げた時点で、執行部と争う意思がないことを表明していた。それなのに、理事長をはじめ執行部は年寄会が執ように貴乃花親方に告発状の説明を求める行動に出たのを止めようとしなかった。もし待ったをかけていれば“悲劇”は起きなかったかもしれない。そう思うと残念だ。 (編集委員・大渕 英輔)
posted by 烏賊す社長 at 17:54| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
お役に立ちましたらクリックして下さい

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ

にほんブログ村 中小企業社長
ランキング参加中です!