2018年06月28日

高校野球の丸秘話

高校野球の話題はひさしぶりー

だけど

もと球児としても夏になるとざわざわするのは習慣のようなもので

各地区で予選が始まっている。

北海道も始まっているのだけども

おいらの同期がスカウトやっていて、球団名は明かさないけど、

函館にGOODな選手がいるということで去年に引き続き、予選からマーク。

見にくるのだけど、

北海道を勝ち抜いて甲子園で活躍してプロ入りして欲しいものだぜ。

どこの高校かポジションはどこかって

知っているけど、

まだ明かせないな。

活躍が楽しみだぜい。

おいらも何年ぶりかで見に行くかも。
posted by 烏賊す社長 at 18:16| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

失点に疑問なだけど(コロンビアに勝ったけれど)

コロンビアに勝ったから

ものすごく盛り上がっている日本中なんだけど、

おいらが納得いかないのは

1点取られたところ。

壁がジャンプした下をかいくぐってゴロのシュートだったのに

キーパーの反応遅すぎだろうって

遅すぎてダイビングして玉を止めにいったけど

そのダイビングを何故線の内側にするんだろうって。

ダイビングを線の内側にした時点でもう1点とられたも同然だし。

しかも線の内側からかき出したキーパー本人が一番わかっているのに、

審判にアピールしてるし。

もしかして、キーパーは、線の内側にちょっとでも入ったらゴールっていうルールをしらないで

やっていたのではって疑問が出た。

皆様はいかが思いましたか?

日本代表、次節で決勝T進出決定の可能性も。必要な条件は…?【ロシアW杯】


6/20(水) 2:04配信

フットボールチャンネル





日本代表、次節で決勝T進出決定の可能性も。必要な条件は…?【ロシアW杯】


初戦に勝利を収めた日本代表【写真:Getty Images】


 ロシアワールドカップ・グループリーグH組第1節の試合が現地時間19日に行われ、日本代表とコロンビア代表、セネガル代表とポーランド代表がそれぞれ対戦した。

【驚愕サッカー動画】ドルトムント香川、今見てもやっぱり凄かった!!

 下馬評ではグループ内で「4番手」という見方が一般的だった西野ジャパンだが、グループ最強と予想されたコロンビアを2-1で破る快挙。もう一方のカードではセネガルが同じく2-1でポーランドを下した。

 次節は24日に行われ、日本とセネガル、コロンビアとポーランドがそれぞれ対戦する。その2試合の結果次第では、日本代表は最終節を残して早くも決勝トーナメント進出を決められる可能性がある。

 グループ突破を決めるためには、勝ち点3で並ぶセネガルに勝利を収めて勝ち点を6に伸ばすことが必要。その上で、もう一方の試合がコロンビアの勝利、あるいは引き分けに終わることが条件となる。

 日本がセネガルを破ったとしても、ポーランドがコロンビアに勝てば、最終節の結果次第では3チームが勝ち点6で並んで得失点差勝負となる可能性が出てくる。いずれにしても、まずはセネガルを下して決勝トーナメント進出に王手をかけたいところだ。
.
フットボールチャンネル編集部
posted by 烏賊す社長 at 17:53| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

やみ民拍ばかりだったってこと

民拍の届出が極めて、少なく、0のところもあるそうだ。

これって、結局薬局郵便局ですねー、

まともな法律を守る人がやっていなくて

法を守らない人がやっていたって証拠みたいなものでしょ。



「民泊」の届け出低調 新法施行前、サイトの削除相次ぐ 営業年180日制限が足かせに


6/11(月) 10:05配信

西日本新聞



 一般の住宅に有料で旅行者らを泊める「民泊」の届け出が低調だ。住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行される15日に民泊は解禁されるが、西日本新聞が九州7県に取材したところ、6日現在で計103件にとどまっている。全国も同様の傾向で、背景には新法が営業日数を年180日と制限するなど、事業希望者にとって厳しい規制が足かせになっているようだ。

 届け出の受け付けは3月15日に始まり、九州各県への届け出は、福岡49件、熊本と鹿児島各13件、佐賀と長崎各10件、大分と宮崎各4件だった(福岡は5月末、鹿児島は5月11日時点)。観光庁によると、全国でも5月11日までの届け出は計724件にとどまる。これに対し、民泊サイトにはこれまで全国で数万件、うち九州でも数千件が掲載されていたが、新法施行を前に削除が相次いでおり、営業断念するケースが続出しているとみられる。

 新法は「ヤミ民泊」の取り締まりを目的に、事業者に届け出を義務付けたが、既存の宿泊施設への配慮などから年間営業日数が約半年間と制限されたため、事業希望者側から「採算が取れない」といった懸念が出ていた。

 届け出には住宅の図面や登記謄本、消防設備関係など関係書類が10種類以上必要で、手続きが煩雑という面もある。家主が不在の場合は、新法に基づき登録された住宅宿泊管理業者に管理委託を契約する必要があるが、大分県や宮崎県ではまだ登録業者自体がないことも、届け出が少ない要因の一つとなっている。
.
西日本新聞社
posted by 烏賊す社長 at 12:02| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
お役に立ちましたらクリックして下さい

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ

にほんブログ村 中小企業社長
ランキング参加中です!