2016年11月28日

日本で最初のスクープだけど、実名まずいと思う

じゃーン、書いていいのかって記事が出た。

しかも新聞。

まともな新聞。

実は日本中に耐震強度が不足しているビルがたくさんあるのだけど

そのうちのホテルは、5000M2以上で耐震強度が不足しているのは

公表するぞって、国土交通省が脅しをかけていて

法律でも公表するようにはなっているのだけど、

実際問題として

ホテルは赤字の会社が多くて

強度を高める工事に何億もかかるのだけど

金がなくてやれない。

赤字の会社には銀行も貸してくれない。

という状況でできないでいるホテルが多数あると思われるのは

みんなが知っていることなんだけど、

公表した瞬間、キャンセルが来る、修学両行は来なくなる、

旅行会社は契約を打ち切る、などが次々と起こって

ホテルがやっていけなくなるのは目に見えてる。

かといって、インバウンド増加でホテルが足りないから

違法民泊でも許すみたいな国土交通省の変な方針みたいのが

あって、とにかく宿泊できる場所を増やしたいのに

公表したとたんにいくつものホテルが消えてなくなるのは困る、

ってことで、公表されないでいたのだけど

なななーーーーんと山形新聞の11月17日朝刊。

はっきり名前まで出して、

公表してしもうた。

全国初。

ホテル側から損害賠償請求されるかもしれないのに

よくぞ公表したものだ。

おいらはブログではかわいそうすぎて公表しなきけど

少なくても、耐震補強できないホテルに罪はない。

だって、もともと新築の時は当時の建築基準法にマッチしていて

建築許可が出て建てたものであるし、

竣工検査も合格したものであるから、

きちんと手順を踏んで許可されたものであるのだから。

山形新聞のように、名前を公表されると

営業不能になるホテルがあるから、

国や県は、補助なり助成なりする制度をつくって

罪のないホテルを救い、地域の役に立てるものに

していくべきだ。

それでもできないなら、建物を解体する補助をするとか

やるべきだろう。

もともと、建築許可を出した建物だし、

許可がなければ建てなかったのだから。
posted by 烏賊す社長 at 22:02| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
お役に立ちましたらクリックして下さい

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ

にほんブログ村 中小企業社長
ランキング参加中です!