2016年02月01日

江差信金と函館信金が合併だってー

寝耳に水でしたー

それこそ江差信金の旅行でおつきあいで

九州へいって、昨日帰ってきてたまった新聞見てたら

合併の記事だものねー。

新聞には対等合併って見出しがあったけど

記事を読むと、本店は江差で理事長も江差の藤谷理事長だから

実質は江差が函館を救済したんだってわかる。

ただ、いいほうに転がればいいけど悪いほうの目がでると最悪。

預金量が増えて貸し出しが増えればいいほうの目だけど

函館信金は借りた28億円もまだ返せていないから

江差がこの補填をするのだろうし、

給料の違いや組合対策で簡単に改革できないと貸し出しが増えないで

内部対策の日々なんてことになるだろう。

貸出率は江差は石橋をたたいて壊してしまうって、経営者同士で

ひそかに話されているように

割合は40%台。

一般的に適正な預金に対する貸し出し割合が70%〜80%と言われているなかで

40%台は超低い。

ほぼ地域に役に立っていないといえる率なんだけど、

貸し出し率がこのままで、江差の内部留保が函館信金の救済に当てられて

外にでてこない状況になってしまうと地域にはなんの効果もない

ってことになってしまう。

藤谷理事長はリストラはしないと言っていたが、

合併して、リストラ(再構築)がなければ意味がない。

店舗政策、人材育成、配置換え、新規事業、などなど。

一人当たりの収益性の低さを高めなければならない。

また、両方から金を借りていた企業は大変だ。

借り入れを合計して信用金庫の融資枠以上になる会社は

借りたお金を返さなきゃならないし、

ニューマネーはでてこない。

結局他行のチャンスってことになる。

成長戦略をどう描いているのか、新聞記事では理解できなかったなー。
posted by 烏賊す社長 at 09:29| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
お役に立ちましたらクリックして下さい

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ

にほんブログ村 中小企業社長
ランキング参加中です!