2015年09月12日

ワタミ、介護事業を売却へ…経営再建へ基盤強化 北海道ホテル変化事情

猫も杓子も介護事業に参入してきて

介護事業って儲かるんだな―って

思っていたら、

上場企業のワタミでも介護事業はこんなに

赤字していて売却するんだなー。

こんなに損するのになんで参入したんやろな。

やっぱり隣の芝が青く見えたンかなー。

ホテルの業界もなんか儲かると見えるらしく

異業種からぞろぞろ参入してきているこのごろだけど

大丈夫だべか。

芦別のでっけーホテルは、宗教法人に買ってもらって

ホテル業界とおさらばで、宗教法人はホテルをやっていないし。

ガイヤの夜明けでタイ人観光客がわんさと冬に訪れて今までの常識を覆したって

もてはやされた歌登のグリーンホテルは倒産、っていうか、町に施設を返上。

赤字でやっていけなくなった。

テレビに出て〜二年もたなかった。

JR北海道でやっていた旭川のロワジールも赤字で売却。

大沼のクロフォードインも赤字で売却、

プレーヤーが変わった。

ホテルが足りないとか、価格が上がったとか、外人がおしかけてきている、とか

東京オリンピックまでは大丈夫とか

マスコミは書いているけど、

実情はこんなものです。

そうそう函館の湯の川プリンスホテルも札幌駅近くのホテルを

先月売却した。

ここは赤字で本体の収益の足を引っ張っていたから、売れて良かったと思う。

しかも思いもよらない超高値。

金額はおいらが暴露するわけにはいかないけど

今期の決算は特別売却利益がどーんと立つだろうなー。


ワタミ、介護事業を売却へ…経営再建へ基盤強化
読売新聞 9月10日(木)7時33分配信


. 居酒屋大手のワタミが、介護事業の売却に向けて本格的な調整に入ったことが分かった。

 ワタミは、「和民」をはじめとした主力の居酒屋事業で客離れが進み、2015年3月期決算で連結税引き後利益が126億円の赤字になるなど経営不振に陥っている。

 介護事業の売却で財務基盤を強化し、経営再建を図る考えとみられる。

 関係者によると、ワタミは売却へ向けた入札を始めており、損害保険大手の損保ジャパン日本興亜ホールディングスなどが名乗りをあげている。

 ワタミの介護事業は、首都圏を中心に100を超える有料老人ホームを運営しているほか、デイサービスなども手がけている。

.最終更新:9月10日(木)7時35分

.
posted by 烏賊す社長 at 14:22| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
お役に立ちましたらクリックして下さい

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ

にほんブログ村 中小企業社長
ランキング参加中です!